まさかの炎!ジェルネイルキットを使うときは火気厳禁

友達のおうちに遊びに行くと、友達がジェルネイルキットを持っていました。

自宅なのにジェルネイルができることに驚きました。

楽天を探してみたらかなり安かったので、私も影響されてさっそく激安キットを購入。

自宅セルフネイルを初体験してみました。

初セルフなので凝ったデザインはやりません。

ベースに薄いベージュで、先端を少し濃いめのグラデーションにしました。

自分の予想よりもうまくでき、マニキュアなんて比にならないくらい持ちがよいジェルネイルを自分で好きな時間にできちゃうんだという手軽感に満足しました。

さらに、苦手意識があったけどやればできる!と思えました。

欠けることはなかったのですが、爪がだいぶ伸びてきたので、オフすることにしました。

ジェルリムーバーをコットンに含ませて爪にのせ、揮発しないようにアルミホイルで巻いておきました。

このまま10分待ちます。

両手は使えません。

何もできなくてヒマなので、とりあえず一服しようとアルミホイルの指でタバコを取り、ライターを着火。

なんとアルミの上から青い炎が!熱さを感じることはなかったのですが、驚いてすぐに水道で流してしまいました。

アセトンは揮発するので引火の危険があるようなんです。

もう一度コットンとアルミホイルをまき直し、今度はちゃんと時間をおきました。

ジェルネイルは、ぺりっとはがせるようにオフできると思っていたのに、道具を使ってカリカリこそぎ落とさないと全然落ちません。

待ち時間が短すぎたのか、結局削り取る作業になってしまいました。

あまり強くガリガリすると爪を傷めてしまうので注意です。

すぐに新しいジェルを付け替えるのであればサンディングも兼ねてしまいましょう。

ジェルネイルは付けてしまえば爪の厚みが出て、割れたり欠けたりしにくいので、安心なんです。

プロにやってもらうのがデザインもきれいで美しいのはそうなのですが、移動時間がなく、好きにアレンジできるのはセルフジェルならではですので、失敗も含めて色々冒険して楽しめるセルフでのジェルネイルはぜひおすすめです。

>>ジェルネイルキットの実体験報告ブログはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です